【離婚】ビートたけしの嫁:北野幹子夫人が駆け落ち↓浮気相手の画像

不倫や二股などの異性スキャンダル

こんにちは。IVEです!

今回は『ビートたけし』さんを取り上げます。

”世界の北野”として様々な分野で活躍する彼ですが、ここに来て夫人との離婚が報じられた世間の注目を集めています。

このことについて2019年6月12日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

ビートたけし(72)が妻幹子さん(68)と協議離婚していたことが12日、分かった。

以前から、
話し合いが続けられており、
このほど結論が出た。

幹子さんは元女性漫才「ミキ&ミチ」で活動し、
たけしと80年に結婚(正式な婚姻届は83年)、
1男1女がいる。

40年近い結婚生活だった。

たけしに不倫や隠し子騒動が浮上したり、
86年のフライデー襲撃事件など、
夫婦の危機もあった。

94年にたけしがバイク転倒事○で重傷を負った時には、
幹子さんが集中治療室の隣の部屋に泊まり込んで看病を続けたこともあった。

近年は別居生活で、
定期的に食事をするなどしていたが、
会う回数は減っていたとみられる。

たけしは昨年(2018年)3月いっぱいで、
オフィス北野を独立し、
自分が代表を務める「T.Nゴン」に所属している。

今回は、幹子夫人との離婚が報じられた『ビートたけし』さんについて調べてみました!

ビートたけしが嫁と離婚!幹子夫人に駆け落ちの過去あり

破天荒な私生活で週刊誌を賑わせてきた『たけし』さんですが、女性関係も派手でした。

幹子夫人がいながらも数々の女性と浮気を繰り返し、その度に奥さんを激怒させていました。

■幹子夫人

しかし、幹子夫人も過去に一度だけ駆け落ちしたことがあったのです。

『たけし』さんは、夫人の駆け落ち騒動で記者会見まで開いており、この一件は世間の耳目を集めました。

幹子夫人の駆け落ち騒動について「Yahoo!知恵袋」では次のように説明されています。

夫人が浮気に至ったのは、
たけしの浮気に苦しんだからで、
たけしが奥さんの家出先に出向いて謝罪し、連れ戻しました。

とはいえ、
たけしが奥さんを女性として心から愛しているかといえば実はそうではないようです。

にも関わらず
わざわざ奥さんを連れ戻したのは、
まず実母の北野サキさんが離婚をけして許さなかった事。

(サキさんはなにがあろうと常に夫人の肩を持ったそうです)

すでに子供が出来ていた事。

この2点が理由としてあげられるでしょう。

つまり
たけしは夫人を家族の一員として連れ戻したわけです。

(2010年11月14日投稿)

上記の通り、『たけし』さんが幹子夫人との離婚を決断しなかったのは、実母・サキさんの存在が大きく影響していたのです。

ここまでの説明だけを聞くと、『たけし』さんが薄情な人間にも見えます。

しかし、もともと『たけし』さんは幹子夫人との結婚を望んでいたわけではなかったようです。

それでも2人が結婚したのは、幹子夫人が”無断”で婚姻届けを提出してしまったからなのです。

ただ、たけしにも言い分があります。

結婚前、
たけしは幹子夫人と恋人関係ではありましたが、
まだ結婚の意思は固めておらず、
またタレントとしての人気のうなぎ登りの過程であった為、
相手はよりどりみどりだったわけです。

そんなある日、
幹子夫人はたけしの承諾を得ずに勝手に婚姻届を作り、
提出してしまいました。

文書偽造です。

たけしがその気なら
婚姻届を無効に出来ましたが、

そうすると
幹子夫人が犯罪者となってしまう為、
たけしは甘んじて受け入れました。

※同上より引用

浮気相手は落語家の笑福亭枝鶴※画像あり

過去に一度だけ浮気をした幹子夫人ですが、この浮気相手は誰なのでしょうか?

そこで、この人物について調査したところ、落語家の笑福亭 枝鶴(しかく)さんであることが判明したのです。

■笑福亭 枝鶴(5代目)

たけしの奥さんと浮気していた落語家さんがいたのですか?

笑●亭 枝鶴と何かあったみたい、、、

たけしの嫁さんも昔は松竹の女漫才師でしたから
旧知の仲だったのでしょう。

その落語家は今はもう落語を辞めておられます。

6代目の大名跡を継ぐ予定の方でした・・・残念。

(2012年3月4日投稿)

現在では既に落語を引退している枝鶴さんですが、本人のWikipediaには以下のエピソードが記載されていました。

ビートたけし夫人との不倫スキャンダル騒動があった。

たけし夫人はもともと上方少女漫才の出身であり、
枝鶴とは旧知の間柄であった。

たけしの度重なる不倫スキャンダルに悩んで相談に及んだところが、騒動になった。

当時、
たけしは笑福亭鶴瓶(枝鶴の弟弟子)とテレビで共演した際、

「鶴瓶、コノヤロー!
オレのカミさん返せ!」

と首を絞め、
鶴瓶が

「たけし兄さん、オレやない!人違いや!」

と返すやりとりがあった。

(当然、
二人の顔は笑っており、
一種のギャグであった)