【他社所属芸人は誰】スリムクラブが闇営業!次は3人組の人気トリオ芸人?

世間を震撼させた事件や事故

こんにちは。IVEです!

今回は、お笑いコンビ「スリムクラブ」を取り上げます。

「エンタの神様」では”フランチェン”のネタで人気を博した彼らですが、ここに来て反社会的勢力を相手に”闇営業”していた事実が発覚し世間の注目を集めています。

このことについて2019年6月27日に配信された「スポニチアネックス」は次のように報じています。

「スリムクラブ」の2人は3年前(2016年)に知人である他社所属芸人を通じて、
飲食店オーナーの誕生日パーティーへの演芸提供を直接依頼され、参加。

事務所を通さない“闇営業”で、
その対価として一定の金銭を受領していたことが判明した。

2人は、
暴○団関係者の会合であるとは認識していないという。

反社会的勢力および闇営業の事実を鑑みて、吉本興業は2人の活動禁止を発表しました。

一体、「他社所属芸人」とは誰なのでしょうか?

今回は、スリムクラブに闇営業を仲介した「他社所属芸人」について調べてみました!

スリムクラブが闇営業!他社所属芸人は誰?名前は?

スリムクラブに闇営業を仲介した他社所属芸人とは誰なのでしょうか?

Twitter上ではスリムクラブの今後よりも、他社所属芸人の正体が大きな話題となっていました。

そこで、この他社芸人について調べてみましたが、関与が疑われる人物の名前は挙げられていませんでした。

「松竹芸能」という会社名こそ確認されたものの、これは根拠のない憶測に過ぎず、同社が今回の一件に関係していたという事実は一切ありません。

闇営業を仲介したのはバンドー太郎だった

その後の報道により、闇営業を仲介した芸人が「バンドー太郎」さんであることが判明しました。

ただ、本人が弁明したところによると、彼自身も「営業相手が反社会的勢力とは知らなかった」とのこと。

また、今回の騒動については「もらい事故」と表現しました。

しかし、この表現が原因で認識の甘さを指摘する声が殺到しています。

バンドー太郎さんについてはこちらをご覧ください。

次に摘発されるのは「3人組の人気トリオ芸人」?

スリムクラブに闇営業を仲介した他社芸人の正体も気になるところですが、「トカナ」では、それ以上の”大物”が摘発されるとの記事を掲載していました。

問題の記事がこちらです。

しかし、
反社会勢力の会合で闇営業をしている芸人は
もちろんスリムクラブだけではない。

3人組の人気トリオ芸人も、
よくそうした会合に出席していると話に聞く。 

「3人組の大物人気芸人Xなども、
動画こそ出回っていないが、
個人的に反社会勢力の集まりなどで芸を披露しているというのをはよく聞きますね。

これが表沙汰になったら
いろいろと他にもすごい話が噴出するはずなのですが…」
(芸能誌デスク)

その他に、

「大手プロダクションYに所属する芸人の闇営業は昔からですね。

吉本興業に比べて歩合給はいいですが、
あまりバラエティには力を入れていません。

海水パンツ一丁でヤクザの前で芸を披露していた芸人などが窓口となって、
中堅から新人まで呼ばれてやっていました」
(前出芸能誌デスク)

上記の通り、闇営業を仲介していた人物は”海パン一丁”でネタを披露する人物のようです。

この”海パン一丁”というワードから、一部では「小島よしお」さんの名前が浮上する事態となっています。

確かに、海パンは彼の代名詞とも言えるアイテムです。

しかし、現在までに小島さんが闇営業を仲介していたという事実は確認されていません。

確証もないままに実名を挙げてしまうと、名誉毀損に当たる恐れがあるため、控えるべきです。