【すみれ出演】新サクラ大戦の発売日はいつ?主人公や大神一郎の設定を予想

世間の声や評価・評判

こんにちは。IVEです!

今回は「新サクラ大戦」を取り上げます。

2019年冬に発売が予定されている本作品は、実に14年ぶりの「サクラ大戦」となります。

2005年に発売された「サクラ大戦V」を最後にシリーズが途絶えていただけに、ファンの間では歓喜の声が数多く上がっています。

今回は、待望の”完全新作”である「新サクラ大戦」について調べてみました!

新サクラ大戦の発売日はいつ?

公式発表では、新サクラ大戦の発売は「2019年冬」とアナウンスされています。

しかし、これはあくまでも「発売予定」であり、正確な発売は”未定”です。

ただ、ネット上では発売日に関して「2019年12月」との情報が散見されますが、公式情報ではないため注意が必要です。

発売日については公式発表があり次第、追記させて頂きます。

神崎すみれが出演!役職は総司令

新サクラ大戦では、従来の華撃団が”消滅”しているという設定です。

現在のところ、”消滅”が何を意味しているのかは公表されておらず不明です。

しかし、旧花組のメンバーである「神崎すみれ」の出演が決定しました。

■サクラ大戦4

■新サクラ大戦

新サクラ大戦では「劇場支配人」を務めるだけでなく、裏では華撃団を指揮する「総司令」でもあります。

旧花組ファン、とりわけ「すみれファン」にとっては狂喜乱舞する発表ですが、実は、当初より「すみれ」の登場は予想されていました。

そのきっかけは以下のPVです。

このPVでは劇場内の様子(0:43)が映されており、その壁には「神崎すみれ」の名札が掛かっていたのです。

そのため、「すみれ」の登場は予期されていたというわけです。

しかし、この時はまだ「すみれ」のビジュアルは公表されておらず不明でした。

久保帯人先生がデザインした「すみれ」には賛否両論ありますが、旧作ファンにとって彼女の出演は嬉しいでしょう。

あらすじ予想(1)主人公:神山誠十郎は人間と降魔の混血?

新サクラ大戦では従来のヒロインが一新され、「新花組」が主役を務めます。

主人公は「神山 誠十郎」といい、”海軍きってのエリート”という設定です。

神山の人物像は公表されていませんが、ネット上では「人間と降魔の混血」説が浮上しています。

その理由は以下のPVにあります。

このPVは”国外向け”に公開されたものであるため、日本で公開されたものとは内容が異なります。

注目すべきは、神山の以下の発言(0:45)です。

「俺の降魔の力……見せてやろう!」

この発言を素直に解釈すれば、神山は降魔の力を宿していることになります。

あらすじ予想(2)大神一郎の出演はある?

今回の新作から主人公は神山に交代しますが、ファンであれば「大神一郎」の存在が気になるところ。

1~4までは華撃団を指揮する隊長であり、4の終盤では「総司令」に任命された大神ですが、新サクラ大戦への出演については言及されていません。

しかし、新作では「世界華撃団連盟」と呼ばれる新組織が設立されており、この組織の通称が「WLOF」なのです。

大神は「狼」(ウルフ)をモチーフにしているため、WLOFという名称は大神一郎を想起させます。

このことから、ファンの間では「WLOFのトップ=大神一郎」説が指摘されています。

あらすじ予想(3)旧花組メンバーの現在

旧花組からは「すみれ」の出演が決定しているものの、彼女以外のメンバーは出演するのでしょうか?

発表会では「過去のファンも楽しめる内容」と発言しているため、恐らくは旧花組も出演すると思われます。

■帝国華撃団

■巴里華撃団

■紐育華撃団

ネット上では旧花組の現在や役職について様々な予想合戦が繰り広げられており、最も有力視されているのが以下のパターンです。

■世界各地に設立された華撃団を隊長として指揮している

■各華撃団の総司令として組織を統括している