【光GENJIへの内容】北公次がジャニー喜多川の少年愛を本で暴露!死因は?

あの人の訃報や死因

こんにちは。IVEです!

今回は北 公次さん(享年63歳)を取り上げます。

本名:松下公次

2019年7月9日、ジャニー喜多川さんの死去が報じられたことで北さんに大きな注目が集まる事態となっています。

というのも、北さんは過去に「光GENJIへ」という暴露本を出版し、ジャニーズ事務所の闇を告発していたからです。

一体、彼はどんな内容を暴露したのでしょうか?

今回は、ジャニーズ事務所の闇を暴露した北 公次さんについて調べてみました!

北公次がジャニー喜多川の少年愛を告発!暴露本「光GENJIへ」の内容↓

北さんが著した暴露本「光GENJIへ」が発売されたのは1988年12月の時。

北さんは「フォーリーブス」というアイドルグループのリーダーを務めており、抜群のルックスで絶大な人気を誇っていました。

■若い頃の画像

しかし、彼はグループ解散後にジャニーズ事務所を脱退。

その後、「光GENJIへ」を発売し、ジャニーズ時代の闇を次々と暴露していったのです。

その内容について「サイゾーウーマン」では次のように掲載されています。

なかでも衝撃的だったのは、
ジャニー氏によるホ○セ○ハラの一部始終が明かされたことだった。
 
とにかく、
その描写の生々しさたるや、すさまじかった。

ジャニーさんは××したおれの×××を口に含み、
音を立ててしゃぶっていく。

微妙な舌と唇の動きで
たちまちのうちに
おれはジャニーさんの口の中に××すると、
そのままジャニーさんは飲み込んでいく—-

日劇ウエスタンカーニバルに出演するジャニーズを観に行ったときに、
ジャニー氏にスカウトされ、
ジャニーズの付き人になった北は、
すぐに彼らとの共同生活をはじめるのだが、
それは同時に、
ジャニー氏との行為に悩まされる日々のはじまりでもあったという。

(2010年3月14日配信)

この内容が事実だとすれば、警察も動かざるを得ないほど”事件”です。

北さんによると、問題の行為は4年半にも及び、2人は「夫婦のような関係」だったと記されています。

北公次はジャニー喜多川のお気に入りだった

暴露本にてジャニー喜多川さんの闇を告発した北さんですが、それでも彼はジャニー喜多川さんからの”愛”を感じていたと言います。

実は、「北 公次」の”北”は「ジャニー喜多川」の”喜多”から命名されたものだったのです。

出会いから、実に4年半もの間、
その行為は毎晩のように続いたと、同著にはある。

関係は
〈恋人同士というより
夫婦のような日常生活になっていた〉そうで、
北は “北公次”という芸名を “ジャニー喜多川”の“キタ”をとってつけられたことに、
ジャニー氏の愛を感じ、
とても満足だったとも綴られている。

※先の「サイゾーウーマン」より引用

つまり、ジャニー喜多川さんにとって彼は”お気に入り”だったというわけです。

しかし、北さんが率いる「フォーリーブス」がトップアイドルに上り詰めると、彼はジャニー喜多川さんの要求を拒むようになったと言います。

とはいえ、
その”満足”が、
ジャニー氏に可愛がられなくなったら最後だと信じる心の裏返しであったことはいうまでもなく、
トップアイドルとしてフォーリーブスが国民的な人気を得るようになると、
北は、ジャニー氏の求めを拒絶するようになったという。

そうする間に「より若い男を」と、
ジャニー氏の興味が郷ひろみや豊川誕、
川崎麻世らの10代の新人タレントに向けられるようになり、
フォーリーブスへの情熱を失っていくようになると、人気は低迷。

解散へと進んでいったのだという。

「光GENJIへ」の内容は本当?レビューあり

「光GENJIへ」の内容が事実だとすれば、ジャニー喜多川さんは糾弾されて然るべきです。

しかし、「Amazon」に寄せられた同著へのレビューを見ると、北さんに対する批判的な声が数多く見受けられました。

他の方も書かれてますが、筆者弱すぎ^_^;

(中略)

話題になった描写ですが、
被害に遭った人が、
こんなに細かく表現できるのかと驚きました。

たいてい、
思い出しただけで、
心の傷で具合が悪くなるものです。

こういった意味では強い人??

関係を持った後に、
お相手の大物芸能事務所社長が渡米してしまい、
十ヶ月も離れて暮らしているときに「寂しい」と語ってるし、
再会後も関係は続いてるし。

行動や考え方が疑問符だらけです。

北公次と言う人が生活の結果困って書いた本。

弱さが見えすぎる内容です。

納得いかない所もあるけれど、
不器用で自分をコントロールできない困った子供みたいな性格の持ち主な部分、
逆に当時だれも出来なかったステージパフォーマンスを築いた部分があったから
ジャニーズ事務所のパイオニアでもあったわけです。

これらのレビューを見る限り、当時の北さんは情緒不安定だったようです。

そのため、一貫しない言動が見立ち、それが読者の反感を買っていると思われます。

北公次の死因は?

暴露本を出版したことで話題になった北さんですが、63歳という若さで死去されました。

彼が亡くなったのは2012年2月22日。

死因は「肝臓癌」でした。

男性アイドルグループの草分けとして70年代に活躍した「フォーリーブス」の北 公次さんが22日午前1時19分、
肝臓がんのため死去した。

63歳。

※「スポニチアネックス」より引用
(2012年2月23日配信)

※YouTubeより引用