【ヒラズゲンセイとは】赤いクワガタの生息地+漢字↓猛毒で危険だが絶滅危惧種

危険な生物

こんにちは。IVEです!

今回は「赤いクワガタムシ」を取り上げます。

2019年7月11日、「京都新聞」が「赤いクワガタムシ」の話題を取り上げ世間の注目を集めています。

実は、「赤いクワガタムシ」は外見こそクワガタムシに似ていますが、全く別の昆虫なのです。

さらに、このムシの体液は”猛毒”であり、触れた場合、人体に被害をもたらす危険性があります。

■症状の一例:水ぶくれ

この「赤いクワガタムシ」について同紙は次のように報じています。

触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。

四国など温暖な地域で見られた種だが、
生息域が年々北上してきた。

専門家は見つけても触らないように呼び掛けている。

ヒラズゲンセイは、
ツチハンミョウの一種で体長約2、3センチ。

真っ赤な体とクワガタのような大あごが特徴で、
6、7月に成虫になる。

体液が有毒で、
皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがある。

クマバチに寄生し、
クマバチが好むサクラや巣を作る古い木造家屋など、
多様な場所で見られるという。

生態に詳しい大阪市立自然史博物館の初宿成彦学芸員によると、
もともと近畿地方には生息していなかったが、
1976年に和歌山県で発見され、
京都・滋賀では2009年に京都市伏見区、
12年に栗東市で確認された。

現在の生息北限は、
京都府南丹市や滋賀県近江八幡市とみられる。

今月8日には、
大津市北部の旧志賀町地域の住宅街で見つかった。

捕まえた和邇小2年、高木春毅くん(7)は

「新種の赤いクワガタかと思った。
毒があるなんてびっくりした」

と話していた。

初宿学芸員は

「目立つ虫なので、
特に子どもが間違って触らないよう気をつけてほしい」

と呼び掛けている。

今回は、「赤いクワガタのような虫」である「ヒラズゲンセイ」について調べてみました!

赤いクワガタのような虫:ヒラズゲンセイとは?

関西地方を中心に生息地を広げているヒラズゲンセイですが、もともとは「高知県」で最初に発見されたようです。

そのため、高知県では「幻の昆虫」と呼ばれています。

冒頭でも触れた通り、ヒラズゲンセイはクマバチに寄生するため、クマバチの巣が近くにある場所で頻繁に生息が確認されています。

外見がクワガタムシと酷似していることから「赤いクワガタムシ」という”俗称”で呼ばれていますが、正式な分類は「ツチハンミョウ科」であり、クワガタムシとは別種です。

ヒラズゲンセイの生態について「高知大学 昆虫研究室」は次のように解説しています。

成虫は5月中旬から7月初旬にかけて、
主に平野部のキムネクマバチの巣の周辺で見つかることが多い。

クマバチの巣内でヒラズゲンセイの幼虫、
擬蛹、蛹の各ステージが発見されることから、
幼虫はクマバチ成虫が集めた花粉団子を食している労働寄生者であると思われる。

クマバチの幼虫を食しているかどうかは未確認である。

ヒラズゲンセイの卵は小型で多数の卵がクマバチの巣内に産み付けられる。

孵化した幼虫はクマバチ成虫の体にとりついて、
巣外に出ることも明らかになっているが、
一度外に出たヒラズゲンセイの幼虫が再びどのようにして、
クマバチの巣内に入るのかがまだ分かっていない。

上記の通り、ヒラズゲンセイの幼虫は主にクマバチが収集した花粉を食しているようです。

しかし、クマバチの幼虫を捕食しているかまでは確認されておらず不明です。

以下の写真はクマバチ(成虫)の脚に寄生するヒラズゲンセイ(幼虫)です。

ヒラズゲンセイの生態については目撃事例も少ないため、完全には解明されていません。

漢字で書くと?

メディアなどで取り上げられる際は「ヒラズゲンセイ」と”カタカナ”で表記されることが多いですが、実は、漢字表記があったのです。

漢字で書くと「平頭芫青」となり、意味は「平らな頭のツチハンミョウ」とのこと。

■ツチハンミョウ

ヒラズゲンセイはクワガタムシに似ていますが、ツチハンミョウはアリに似ています。

実は絶滅危惧種!生息地はどこ?

高知県では「幻の昆虫」と呼ばれるヒラズゲンセイですが、同県においては「準・絶滅危惧種」に指定されているのです。

しかし、現在では高知県以外でも「大阪府」や「京都府」などでも確認されており、徐々に生息地が拡大しています。

現在の生息地については「しやけのドイツ箱」より以下に引用させて頂きます。

■生息地の分布図
■近畿地方の分布

ヒラズゲンセイの生息地について最新情報が知りたい方は引用元のサイトをご覧ください。

猛毒で危険!毒の名前はカンタリジン

ヒラズゲンセイは脚の関節から「黄色い体液」を出し、これが人の肌に触れると「かぶれ」や「水ぶくれ」などの症状を引き起こします。

毒の正体は「カンタリジン」という物質です。

しかし、複数の報告によれば、炎症が起きた箇所は「皮膚の柔らかい場所」に限定されるようです。

つまり、皮膚が厚い場所であれば、触っても炎症は起きないと考えられています。

しかし、それもケースバイケースであるため、ヒラズゲンセイを発見しても絶対に触らないようにしましょう。

最後までお読み頂きまして ありがとうございます(^^♪

2 件のコメント

  • 懐かしい。

    私が撮った写真も入ってますね。

    面白い生物なので
    また誰か研究してくれると良いのですが。

    なんの得にもなりませんがね。

    ちなみに私は3年に渡ってヒラズゲンセイを素手で触っていましたが、
    肌はなんともありませんでした。

    炎症を起こす事を期待していたのですが。

    しかし、
    肌の弱い方は気を付けた方が良いかもしれません。

  • ちなみに私が観察した結果では、
    尻から黄色い液体を出し、
    後脚全体に塗り広げている行動が見られました。

    脚の関節からではないように思います。

    論文にはしていないので未発表ですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)